こんにちは
みなさんの地域では桜咲きましたか?
3/25に「東京オリンピック2020」の聖火リレーの出発点・福島県でちょうど桜がきれいでしたね。
聖火ランナーの背景の桜がきれいでよかったなあ~と思いました。

さて、今回lessonするのは『イースター』テーブルコーディネート。この時期、桜のお花見と同じくらい人気のテーマですにゃ。
イースターはキリスト教の「復活祭」のことで、春分以降の満月後の最初の日曜日とされ・・毎年変わります。
今年は4月4日だそう~

イースターエッグ・イースターバニー

「復活」を象徴するように、イースターでは“生命力・繁栄”をイメージしたモチーフが特徴的。
たまご(イースターエッグ)、また多産な動物であるうさぎ(イースターバニー)などがテーブル上に載っていると「あ、イースターっぽいな~」って思ってもらえるでしょうね!

torami195

動画でもセッティング観られます
イースターテーブルコーディネート

 

花を選ぶときにも、たまごをイメージするコロンとした形のものがいいですにゃ。
たとえば、チューリップラナンキュラスなど。

配色は卵の黄色を中心に・・黄色の反対色のバイオレットや新芽の緑、春の花のピンクやオレンジなど、3色以上使うと「生命力」を感じられていいですね。

シアークロスをつかって

今回はうさぎが駆け回る森をイメージして、葉の柄のクロスを使いましたにゃ~
これはフジエテキスタイルさんのシアー(透けてる)クロスなので、春~夏にぴったりなんですよ。
フジエテキスタイルさんは、こうしたシアー生地を得意としたメーカーさんですので、ご興味のある方はご参考にしてくださいね。

オランダの静物画のような?チューリップの下には、じつは「コケ(造花のモス)」が花器に入っていますにゃ~。
ナプキンワークは、まさに「うさぎ」ですが。。ピッカピカの卵(100均でこれしかなかった!)なので、それを隠すためのナプキンのデザインでもありますよーっ(リカバーデザイン!)

toramisenesi191

torami196

たまご料理(サラダ編)

イースターに合う卵料理っていろいろあると思いますが、先日「FSPJ交流会」で開催されたフードスタイリングレッスンで習いたてほやほやの「ミモザサラダ」をご紹介しますにゃ。教えてくださったのは、フードスタイリスト&食空間プランナーMAKKO先生

toramisensei193

↑グラスにミモザサラダ♪ 若芽が生えてきたように挿します!かわいいだけじゃなくておいしい~の♪

 

toramisenesi194

↑リース型アレンジ、葉の置き方がけっこうむずかしい~
(MAKKO先生のお手本はとても美しかった!)

料理上手なひとも、そうでないひとも・・イースターテーブルたのしんでみてにゃ~

今月もお読みいただきありがとうございました(=^・^=)トラ美