みなさま こんにちは

沖縄は日中気温は28度くらいになるのですが、朝晩涼しくなり街中ではススキも見られますよ。
涼しくなってきた(沖縄の人は、寒い・・と表現するのかも)からか、台所に小っちゃいヤモリが出てきてびっくり!
外の気温が下がるとこんなこともあるのね。。家の中でヤモリに遭遇するのは、バリ島旅行以来ですよー笑

さて、今回14回目をむかえる『教えてトラ美先生』レッスンはじまりまーす☆

ハロウィンって

教えてトラ美先生 テーブルコーディネート ハロウィン

ハロウィンは、ケルト民族の祭りが起源と言われていますにゃ。
古代ケルトでは、11月1日から1年が始まり10月31日は大晦日で死者の魂が家族の元に帰るらしい。
その時ついでに悪霊も一緒にきちゃう~💦っていうことで、かがり火をたいたり、骸骨を置いて「もう、この家には先客が来てますねん(笑)!」って、追っ払うらしいです。
なので、ジャックオーランタンとか置いたりするんですね。

大人の和風ハロウィン

ハロウィン、ハロウィンって、子供のものでしょっと言わずに・・大人も楽しんでみては!

今回のポイントは「和風ハロウィン」をテーマにコーディネートしてみましたにゃー。
ハロウィンはヨーロッパ発祥だから、もちろん洋風の食卓が合いますけれど、大人・・とくに男性も加わるとなると、日本食を取り入れてもいいのかなと思います。

沖縄っぽく、お酒は泡盛ご用意しました!
テビチ(豚足)やお刺身など、なんでも合うお酒ですね。

テーブルコーディネートのポイントは、布ハギレを2枚重ねてランナーにして2色のハロウィンカラー(紫・黄色)を入れたところ。
泡盛の濃いブルーもアクセントカラーになって、グラスと合わせています。

100円ショップなどでも買える「蜘蛛の巣」の敷物をランナーの上に敷いていたり、コースターも蜘蛛の巣です。

教えてトラ美先生 ハロウィン テーブルコーディネート

リアルな画像は動画で見られますので、こちらもチェックしてみてくださいね♪
※画像をクリックすると、動画が見られます。

和風ハロウィンテーブルコーディネート

※コースターは、東京堂さん。
※泡盛グラスは、壺やの「なかそね」さん。
※泡盛は「残波」。
※ココットは「カインズ」さん。

おまけ★泡盛に合わせたい食べ物

おもろまち『吉崎食堂』さんにて、「やちむん」(焼き物)の器と食材の掛け合わせに感動~
これは琉球ならではの美意識なのかしらー?
お刺身盛り合わせの周りには、イチョウの葉、透かしの葉、色づいた葉・・など、絵画のようですよ。

泡盛にあう食を勉強させていただきましたっ・・といっても、何でも合うのですにゃー!

テーブルコーディネート トラ美先生

お刺身以外では、美味しかったのが「てびち」(豚足)これは、日本酒にも合うなあと思います。
辛子を付けてスッキリいただけます。
トラ美先生 テーブルコーディネート

ゴーヤのサラダに、春巻きの皮を揚げたものをトッピングしたのも美味しかったです。
これは参考になりますわよ~ 奥様!
トラ美先生 テーブルコーディネート

今回のレッスンは以上となります。

次回15回目は「読書の秋」をテーマにしますね。
まだご覧いただけるとうれしいですにゃ。

今回もありがとうございました!(=^・^=)