みなさま こんにちは

食空間インテリア・パース(スケッチ)レッスンを2月19日・2月26日の二日間にわたり沖縄より~on-lineにて開催いたしました。

「パース」とは??きちんと言えば「パースペクティブ・ドローイング」。
建築やインテリアで主に使う手法で、大きさや高さなどバランスよく描ける手法です。

「食空間インテリア」って何?・・食卓を囲むインテリアのこと
テーブルコーディネートを含むスケッチを描けるようになれる・・内容でお伝えしています。

パースが描けると、インテリアやテーブルコーディネートやディスプレイ、その他、お部屋の模様替えなど・・さまざまに応用ができます。
とくにお仕事上では、相手の方にイメージを伝えたりするためのプレゼンテーション資料としても活用できますよね。

LD・ビュッフェパーティのパース

2/19は「リビングダイニング」
2/26は「ビュッフェパーティスペース」を描きました。
どちらも同じ視点、同じ大きさの空間です。
どんなインテリアでも、描き方の基本は同じなので、法則を知るといろいろな空間を描くことができますよ。

食空間インテリアパース

今回ご受講いただいたのは、プロのテーブルコーディネーターNさん。
Nさんは、食器メーカーでのディスプレイテーブルコーディネートlessonなど、さまざまご活躍されています。

今回は、手元にない商品(器など)のディスプレイのお仕事のため、頭の中にあるイメージを視覚化するために・・ということでレッスンを受講されました。

食空間インテリア・パース

 

Nさんはひじょうにお上手です!講座の中で描かれた作品はこちら↓

食空間インテリア パース

 

じつはNさんは3年前に「テーブルコーディネートのパース」レッスンを受講されて、それ以来、ずっとパースを様々なお仕事で活用いただいていたとのことです!こんなにご活用いただき、ひじょうに私は嬉しかったです☆

今回その作品をお借りしました。ひじょうにわかりやすく、どんなディスプレイになるか一目瞭然ですね!
こちらもNさんのご了承を得て、UPさせていただきますね↓
テーブルコーディネート パース

Nさんからご受講の感想をいただいております。
「テーブルコーディネートをするときに、目の前に物がないときにとても役に立ちます。描き方の原理を知ることで、非常に描きやすくなります。」
お役に立ててよかったです。Nさん、ありがとうございました!

Nさんのサイトでは、テーブルコーディネートレッスンなど様々なお役立ち情報を発信されていますので、ぜひご覧くださいね。https://peraichi.com/landing_pages/view/alohaoluolu

また今後の開催決定次第、お知らせいたします。
ブログへのご訪問ありがとうございました。