2020年もよろしくお願いいたします☆
ことしも猫界のテーブルコーディネートマイスター「トラ美先生」がかんたん!わかりやすい!テーブルコーディネートレッスンがんばりますよー
今回は第4回目で「敷き物」の続きです☆ では、トラ美先生よろしくお願いします!

うつわ下の敷物 折敷・プレイスプレイト

前回は「ランチョンマット」など、柔らかな素材を中心にレッスンしましたにゃ
今回はもうすこし、ハードな素材で見た目もしっかりした高級感もでるものをご紹介しますねっ

イメージはお盆とかトレイに近いかんじのものとおもってください。
和のものだと「折敷(おしき・おりしき)」、洋のものでは「プレイスプレイト・アンダープレイト・チャージャープレイト」とか言ったりしますよ。
和洋とも大きさはだいたい30㎝くらいで、洋のものだとお肉を食べるお皿が25~27㎝くらいなので、ちょうどバランスがいいですのにゃー

素材は、折敷は木製・漆器など、プレースプレートは陶磁器・漆器・籐で編んだものなどさまざま。
シーンに合わせて使い分けることができるのです。

 

 

かんたんテーブルコーディネートレッスントラ美せんせい

1月15日は「小正月」で小豆粥を食べる日ですね。
こんな和の食卓では、ちょうど木の折敷がぴったり。

かんたんテーブルコーディネートレッスントラ美せんせい

畳生活では脚つき

折敷は、1200年前奈良時代から使われていたといいます。
茶事などでもお見掛けすることもあるでしょう。
折敷に脚をつけて、一人分ずつ畳の上に置けるようになったのが「高脚膳」とか「箱膳」などですにゃー。
よくテレビや映画でも、祝い事や法事で使われるシーンをみかけたことがありますよね。

わたしの実家でも(猫にも実家があるんですっ)昭和30年代くらいまで高脚膳を使っていたようで、物置にありましたわー
いまはテーブルの生活なので、また折敷が見直されています。
折敷じゃなくても、お盆とかトレイなども使って「お膳」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

かんたんテーブルコーディネートレッスントラ美せんせい

ディスプレイに使う

折敷やプレイスプレイト(またはトレイ・お盆でもOK♪)は、食事だけでなく、インテリアのディスプレイに使うとまた素敵ですよ♪
かんたんテーブルコーディネートレッスントラ美せんせい

かんたんテーブルコーディネートレッスントラ美せんせい
※和のディスプレイ例

かんたんテーブルコーディネートレッスントラ美せんせい
※洋のディスプレイ例

前回レッスンのランチョンマット、今回のレッスン同様、楽しんでトライしてみましょー♡
折敷ってどこで買えるのかしら???と思っているみなさん、来月2月2日~10日東京ドームではじまる「テーブルウェアフェスティバル」でチェックできますよ~
https://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

次回はテーブルコーディネートの最大ポイント!『色』についてレッスンしますにゃー
またのご訪問おまちしております