みなさま こんにちは
函館に住んでいたときに「帰山農園」4代目ご主人の奥様YUKOさんとお友達になり、おいしい北海道米の中でもピカ一のお米を堪能させていただきました。
帰山農園さんは、農薬と化学肥料が5割以下の特別栽培米を生産されています。
ゆめぴりか、ふっくりんこ、きたくりん・・いろいろと美味しいんです。
帰山農園さんhttp://kaeriyama-nouen.com/

その中でも「ゆきさやか」という真っ白なお米は、まだ一部の農家さんしか作られていなくて、これがまた群を抜いておいしい~
以前、北海道のTV番組で大泉洋さんも初めて「ゆきさやか」を食して感動するシーンを見ました。

そして!なんと!その「ゆきさやか」の日本酒がつくられ『ましろ』というお酒になったとの情報が!
『ましろ』http://kaeriyama-nouen.com/sake/

やっと手に入れました(^^♪
ましろ 帰山農園さん

つくられたのは、秋田県の出羽鶴酒造さんhttps://www.igeta.jp/about-dewatsuru/
米どころ秋田であえて北海道米を使うというのが、「ゆきさやか」にほれ込んだっていう感じかしますね。

酒蔵や木桶にすみついている自然の乳酸菌を繁殖させた「生酛づくり」の製法なので、まさに「ゆきさやか」にぴったり!
お米ちゃんたちも喜んでいると思います♪

 

ましろ日本酒 テーブルコーディネート

『ましろ』は純米吟醸で、グラスに注いだとたん、芳醇かつフルーティな香りが一気に脳まで届きます。
お寿司のお米の甘さも引きだしてくれて、さっぱり~こってりまで幅広いマリアージュが楽しめそう♪

今回のコーディネートは、帰山農園さんのお住まいの「知内町」と「ましろ」からインスパイアされた色彩とアイテムでまとめてみました。
知内町は知る人ぞ知る“北島サブちゃん”のふるさと。
日本の「青の洞窟」がある美しい海があり、牡蠣の産地としても有名。
その知内ブルーと雪のように白いお米をイメージしてみました。

もやもやをふきとばす色と食・・テーブルコーディネートの力を借りて、元気になりましょう~♪